世界的景気後退でも富豪は増加 コロナ特需が圧倒的追い風のビジネスの影で極貧層も増加

stock-exchange

 新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大する中、スイス金融大手UBSの報告によると、世界中の富豪の資産が過去最高を記録しているという驚きのニュースが英BBCなどによって報じられました。彼らの資産は今年4月から7月の間で27.5%増、10兆2000億ドル(約1081兆2300億円)に達したそうです。

 世界的な株価上昇が主要因のようですが、特にテクノロジー分野や産業界の最高幹部らの収入が最も増えているとしています。過去のピークだった2017年末の8兆9000億ドル(約943兆4000億円)を上回り、「新型コロナウイルスのパンデミックで富豪たちは絶好調だ」とUSBはしています。

 世界中の富豪の数は年々増えていることは指摘されていましたが、2017年の2,158人から2,189人に増え、過去最高を更新したことを明らかにしています。これはあくまでUBSの調査ですから、他の調査も見る必要がありますが、もう一つの現象は、世界銀行が7日に明らかにしたことで、今年は約20年ぶりに極貧層が増加しているという報告書も発表されました。

 つまり、世界的貧富の差の拡大は、コロナ禍の異常な状況、特に各国政府が感染を抑え込むため、7か月以上経済活動を抑制している中でも、貧富の差の拡大はとどまるところを知らないようです。

 USBによれば富豪の今年最大の勝者は、実業家で資産は7月までの3カ月間で44%の脅威的な増加だったとしています。アマゾンなどのテクノロジー分野の大富豪も資産が41%増え、予想をはるかに超えたデジタル化がコロナ禍が追い風となって、IT業界は「数年分の発展を数カ月間に圧縮した」と分析しています。

 それはIT業界だけでなく、今はワクチンや新型ウイルス治療薬の開発で莫大な資金が流れ込んでいる製薬会社、治療で需要が急増した医療機器を供給する医療機器メーカーも何年分もの受注を受け、医療業界の富豪も恩恵を受けたのは当然ともいえることです。

 素人目には、ほとんどの国で急激な景気後退が続き、不確実性が高まっている状況下で、株価は下がる一方と考えられがちですが、投資家は激変する世界の状況の中で利益を出す企業がどこにあるかをよく分かっています。3月下旬以降の世界の株式市場は、そのためおおむね堅調に推移しています。

 具体的名前の挙がっているのは米アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)、米電気自動車(EV)メーカー「テスラ」のイーロン・マスクCEOの資産などで今夏、それぞれの企業株の上昇を受けて過去最高を更新したと報告されています。

 一方、興味深いのは富豪たちがコロナ禍で受けた恩恵の中から高額な寄付をしていることです。UBSによると、2020年3月から6月までに世界の富豪209人が総額72億ドル(約7631億円)相当を寄付したとしています。

 内訳はアメリカの富豪98人が総額45億ドル(約4772億円)、中国の富豪12人が総額6億7900万ドル(約720億456万円)、オーストラリアで2人の富豪が合わせて3億2400万ドル(約343億5858万円)を寄付しています。

ブログ内関連記事
コロナ危機が生むチャンス 新たな可能性を模索するネックストノーマルの必須事項
パンデミックと5G普及の同時加速 仕事も生活もネットの依存度が一挙に高まる現実鮮明
劣悪な環境で働く外国人労働者 疫病蔓延と景気後退が襲う悲劇で救済の優先順位が問われている
青天井のグローバルスタンダード報酬を日本企業はどう受け止めるべきか




関連記事

プロフィール

artworks21

Author:artworks21
安部雅延(あべ まさのぶ)
フリーの国際ジャーナリストで、フランスのビジネススクールで長年教鞭を取り、日産自動車始め多数の大手企業でグローバル人材育成を担当した安部雅延が、国際情勢やグローバルビジネスの最前線を紹介し、豊富な経験を踏まえた独自の視点で世界を読み解くグローバルトーク。

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

QRコード

QR

コメント

非公開コメント