リスクはウイルス同様、継続し変異する カントリーリスクへの関心が最高度に高まっている。

country-risk-ranking-system (1)
 ウクライナ危機前に制作されたカントリーリスクマップ

 ウクライナ危機で世界規模の経済制裁が実施される今、ロシアは対抗措置に出ています。とりわけロシアに投資してきた外資企業に対して、ロシア政府は企業活動の停止や撤退を決めて企業に対して、ロシア国内にある企業資産を差し押さえ、押収する暴挙にも出ています。

 これまで外資の投資を呼び込んできたロシア政府の態度の一遍を受け、主要格付け会社は相次いでロシアの格付けを引き下げ、フィッチは3月2日、S&Pとムーディーズは3日に引き下げました。いずれも複数段階の格下げを実施したうえ、状況によってはさらなる引き下げの可能性を検討するとしています。

 ロシアの格付の異例の大幅な格下げに加え、さらなる格下げの可能性も指摘される中、ロシアはデフォルトに陥ることも指摘されており、ビジネスの継続は無理と判断する外資企業は増える一方です。

 ロシアからは、欧米の名だたる企業が続々と操業停止や撤退を発表する中、ソニーやトヨタ自動車などいくつかの大手日本のグローバル企業もその流れに乗っています。

 一方で、ウクライナ外務省は2022年3月10日に同省公式フェイスブックでロシアに留まる企業公開しました。今回の戦争が情報戦ということを物語っています。

 同フェイスブックには、ロシアで活動する欧米のトップグローバル企業50社だけでなく、日本企業からも大手タイヤメーカーのブリヂストンや横浜ゴム、三菱グループなどのロゴが一覧に掲載されまし。ロシア制裁に消極的な企業に圧力を加える目的なことは明白です。その後もロシアからの撤退を決めた企業は相次いでいます。

 そこで今、注目度が増しているのが、ビジネスにおけるカントリーリスクです。経済的な意思決定のために角度の高い情報を提供している米Investopediaは、カントリーリスクの定義を「特定の国への投資に関連する不確実性を指し、より具体的には、その不確実性が投資家の損失につながる可能性があるレベルを指す」と明確に説明しています。

 不確実性は、政治的、経済的、為替レート、または技術的影響を含む多くの要因から生じる可能性があり、特に外国政府がその債券またはその他の財政的コミットメントをデフォルトし、移転リスクを増大化させるリスクことを意味しています。

 グローバル化が進んだ自由主義の国では政府の影響を最小限に抑える規制緩和が進むことで経済活動がより容易で守られた環境が整備されています。ところが、昨今の企業の海外投資は、そういった環境にない新興国、途上国、あるいは中露インドのように大国だがリスクが高い国への進出が主流になっています。

 政治と経済が一体化し、政治的介入が頻繁に行われることでビジネスが左右される国への投資が急増し、カントリーリスクは必要不可欠な要素となりました。

 私個人は南欧及び北アフリカ地域の治安分析官を30年以上務めた経験から、カントリーリスク分析の最前線に身を置いてきました。結果、感じることは戦後の日本は平和ボケし、海外進出に伴うリスクマネージメントの意識が高くないことを痛感しています。

 自慢話ではないですが、2015年にパリで発生した2回の大規模なテロを半年前に予想し、警告のレポートを書いたこともあります。リスクマネジメントは過去の現在を分析するだけでなく、そこから見えてくる未来を予測できるかどうかが最重要とされます。

 あまりいいこととはいえませんが、予想が的中すれば、リスク分析は正しかったと高く評価されます。今では多くのシンクタンクも経済分析にリスク評価を入れています。

 そもそもリスクマネジメントのルーツは保険にあり、それも大航海時代の英国が海外で買い占めた物資を海上輸送する時に、嵐と海賊リスクへの対応で生まれたとされています。時には18世紀、19世紀でした。

 世界中を繋ぐ海上輸送には不確実な要素が非常に多く、そこにさらに植民地で起きる独立運動や内戦、暴動、文化摩擦、感染症など帝国主義時代はリスクに満ちていました。さらに20世紀の2つの大きな大戦も不確実性を高め、欧米諸国はカントリーリスクについての知識も対応力も筋金入りです。

 翻って日本をみれば、アメリカを交渉のテーブルに引きずり出すために、絶対にやってはいけないナチスドイツとの同盟に踏み切る暴挙で、ドイツのカントリーリスクの高さを認識できていませんでした。

 今、ウクライナがロシアの猛攻に持ちこたえているのは、情報戦での効果が大きいといわれています。20世紀のキリングフィールドといわれ、独ソ戦で史上最多の約3000万人の独ソ兵士が戦死したとされるウクライナは、生き抜いていくための術に長けています。彼らは自国と周辺国へのカントリーリスクへの意識は非常に高い。無論、意識が高くても戦争回避はできていないのも事実ですが。

 しかし、不確実さが増し続ける世界において、カントリーリスクの認識を高め、リスクを最小化する努力は絶対に必要です。特に19世紀の帝国主義時代に逆戻りしようとしているロシアをみるとその重要性は増すばかりです。




関連記事

プロフィール

artworks21

Author:artworks21
安部雅延(あべ まさのぶ)
フリーの国際ジャーナリストで、フランスのビジネススクールで長年教鞭を取り、日産自動車始め多数の大手企業でグローバル人材育成を担当した安部雅延が、国際情勢やグローバルビジネスの最前線を紹介し、豊富な経験を踏まえた独自の視点で世界を読み解くグローバルトーク。

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

QRコード

QR

コメント

非公開コメント