東京五輪 最初のヴィジョンを忘れてしまっているのではないか

olympics-2020-japan

 これから少し、グローバルリーダー論も書いていきたいと思う。2020年の東京オリンピックに向け、メインスタジアムの巨額な建造費に社会の批判が集まり、仕切り直しとなった。その話題の中で2016年のオリンピック招致で中心的に動いた石原前東京都知事の回想のコメントが興味深かった。
 
 彼は、国際オリンピック委員会の西洋人の傲慢な態度に辟易したという話をしていた。欧米人の態度が横柄だという話は、友人でもある日本の外交に関わる外務官僚や日本企業の経営者、海外業務担当者からもよく聞く話しだ。
 
 しかし、私は彼らのコメントに賛同しない。なぜなら、私の30年以上の欧米人との付き合いからすれば、彼らは相手の出方次第で態度を変えているからだ。日本人は年齢や地位に敏感で、日本独特の相手に対する気配りや謙虚さを重視する。それは、欧米人にとっては、時として自信がなく強者に媚びへつらう弱い人間にしか見えないこともある。
 
 それは元を辿れば70年前に戦争に負け、アメリカの統治に屈した時代から、欧米人に手揉みするしかないという敗者の思い込みがあったからに他ならない。その間逆なのがギリシャで、巨額の債務を抱え、役人たちは汚職にまみれ、大富豪の船主たちは税金を払おうとせず、破産寸前でユーロや欧州連合からの離脱の可能性も未だ消えていないが、ギリシャ政府の態度の大きさは、大国ドイツをはねのける勢いだ。





 借りた借金を自分のだらしなさから返済できない人間が、債権者が要求する緊縮政策に難色を示し、さらなる追加支援を要求する態度は、一人の人間とすれば、日本ではあり得ないことだ。しかし、たとえ小国でも大国から足元を見られるような態度は微塵たりとも見せない。足元を見られれば一挙に国家が支配されるとの思いもある。





 石原氏が言うように欧米人が傲慢なのではなく、支配するかされるかの長い歴史を持つヨーロッパ人にとっては、弱いところを見せることは命取りに繋がると考えるからだ。むしろ、私からみれば、日本人が自分の考えに確信が持てず、明確なヴィジョンを示せないことが最大の問題だと思う。リーダーはヴィジョンからぶれず、そのヴィジョンの実現のための確実な実行力を持つことが最も重要だからだ。





 ロンドン・オリンピックでは、英国の産業革命からのめざましい近代化の歴史を誇るとともに、弱者へのいたわりを重視するヴィジョンを打ち出すことで普遍的で高度な文明を持つことを世界にアピールしようとした。開会式で障害を持つ子供たちに国家を歌わせ、パラリンピックでの選手のロンドン市内パレードで過去最大規模の市民動員を成功させ、感動を与えた。





 そんな文明国としての普遍性を持つヴィジョンが東京オリンピックにあるのだろうか。メインスタジアムのコストやデザインの問題を論じる時、誰も東京オリンピックのヴィジョン(テーマ)との整合性について話さないのは、ヴィジョンは飾りで引かないと考えられているからではないだろうか。





 実は2020年のオリンピック開催都市として東京がアピールしたメインテーマは、「スポーツには、世界と未来を変える力がある」だった。それを熱く語るのが開催関係者であり、リーダーであるはずなのに、いつしかテーマとはなり得ない「おもてなし」が全面に出てしまっている。だから、誰もテーマとの整合性からメインスタジアムのデザインや建設費を議論しようとしない。





 「全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」がサブテーマだそうだが、テーマから東京オリンピックがどうあるべきかの議論を聞いたことがない。東京都も観光スポットとして価値を高め、多様なイベント開催で有効利用する方に注意が向けられ、テーマとの整合性の議論は聞こえてこない。





 ヴィジョンやテーマを明確に示し、そこからぶれずに大会を成功ささせていくのがリーダー、意志決定者のはずだが、日本人は手段が目的化するという弱点があり、事情から平気で中身は変えられていく。しかし、早期に原点回帰し、ヴィジョンをどう実現すべきか考えた方がいいのではないかと思うのは私だけだろうか。


関連記事

プロフィール

artworks21

Author:artworks21
安部雅延(あべ まさのぶ)
フリーの国際ジャーナリストで、フランスのビジネススクールで長年教鞭を取り、日産自動車始め多数の大手企業でグローバル人材育成を担当した安部雅延が、国際情勢やグローバルビジネスの最前線を紹介し、豊富な経験を踏まえた独自の視点で世界を読み解くグローバルトーク。

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

QRコード

QR