リスクを恐れる臆病なお気軽世代が無意識にリスクを冒す状況を改善する方法

 10年くらい前から、若い世代の海外行きたがらない症候群が企業を悩ませています。ビジネスの世界はグローバル化が避けられない時代に突入し、グローバル人材の必要性が声だかに語られているのは、日本だけではありません。

 にもかかわらず、チャレンジ精神や向上心に欠け、リスクを嫌う若い世代の急増は深刻な問題です。とはいえ、海外赴任する社員の研修を担当していて、最近、肌で感じるのは、会社のグローバル化への対応もあり、多少は海外赴任を自分のキャリアアップ、スキルアップと捉える社員が増えてきたようにも感じることです。

 しかし、それも実は無知からきたカラ元気のような側面もあり、実際、研修を受けて、より現実味を帯びてくると急に「自分はやれるのかな?」という不安に襲われるケースも見かけられます。そのため、不安の払拭と希望を持ってもらうことが研修で重要なテーマとなるわけです。

 日本の失われた20年は、実は人材も失った20年でした。ゆとり世代といわれる世代はその典型ですが、最大の問題は、ただでさえ島国で視野の狭い日本人が、さらに視野を狭めていることです。「日本は世界一安全で便利な国」などという固定観念から、日本より住みよい国はないと考える若者が増えたことも海外で仕事をするモチベーションを下げています。

 右肩上がりの時代であれば、多少のリスクを冒すことも怖くはなかったわけですが、これだけ低成長、マイナス成長が続くと人間は臆病になり、リスクを極端に嫌う若者が増えても当然です。ところが客観的には無意識にリスクを冒している若者も多いという皮肉な現象も起きています。

 その原因は、視野の狭さと物事を深く考えられないこと、世界の動向に対して無知なことです。なんでも簡単に考え、たとえば、ちょっと仕事がおもしろくないとか、会社の人間関係に嫌気がさしたなどの理由で、客観的には非常にリスクの高い転職を実行してしまう例もあります。

 もともと大した向上心もないために、キャリアアップに繋がらない転職をしてしまう例も多く、本人はキャリアアップと考えた転職でも、社会の仕組みやビジネス動向に対する無知から、結果的に大きなリスクを冒す例も散見されます。

 その稚拙さが自分の首を絞める結果になっているともいえます。グローバルビジネスで成功するパターンの一つは好奇心です。好奇心は異文化理解の原動力でもあります。自分とは違った発想や考え方を理解し、自分の人間としての幅を拡げたいと考える人が成功しています。

self-worth

 海外に住み、海外で仕事ができる環境が得られるのは、自分の視野を広げる大きなチャンスなのに、学びとろうとするより、早く帰国したいと考える若い世代が増えています。日本にいても自分の目の前にあることを処理するのに精一杯で、パラダイムシフトなど考えたこともない人が多い現実もあります。

 異文化への好奇心を支えるのは、心が動くからです。「もっと良くなりたい」「より満足したい」「幸せになりたい」という欲求が好奇心の原動力です。単な知識欲ではありません。日本に満足してしまっている人は、その欲が少ないので心が動かないのです。理系脳を持つ人が人間への興味が薄いという側面もあります。

 確かに物質的な生活レベルは向上してきましたが、それが全てではありません。アマゾンの奥地でインディオに空手を教えていた日本の若者に出会い、ここで欲しいものは何かと聞いたら、即座に「コンビニです」と答えたのに驚かされたことがあります。確かにいわれればそうかもしれませんが、物中毒ともいえる症状だと思いました。

 まずは生きることの本質的意味を問い直し、意味のある人生を送ることを考えるべきでしょう。日本人を深く知る海外の人の多くが、最も違和感を感じるのは自分の価値を非常に低く考えていることです。誰もが等しく幸せになる権利がある考えていないのではと疑問を持たれることです。

 視野の狭さ、無知からの脱却するためには、自分を価値視するマインドセットが必要なのだと思います。そうでなければ他者も大切にする人間にはなれないということもあります。

ブログ内関連記事
日本人には知られていないアメリカと欧州の文化の多様性の強み
日本人の方が個人主義者と指摘する欧米人はなぜ増えているのか 
グローバル人材育成の鍵を握るめざす人材像のイメージ化と育成の継続性 
異なる文化を持つ人と協業するのに必須の4つの意識改善とは

 
関連記事

プロフィール

artworks21

Author:artworks21
安部雅延(あべ まさのぶ)
フリーの国際ジャーナリストで、フランスのビジネススクールで長年教鞭を取り、日産自動車始め多数の大手企業でグローバル人材育成を担当した安部雅延が、国際情勢やグローバルビジネスの最前線を紹介し、豊富な経験を踏まえた独自の視点で世界を読み解くグローバルトーク。

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

QRコード

QR